ビル管理士試験 2019年 問4解説

 問 題     

建築物衛生法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 特定建築物においては、建築物環境衛生管理基準に従った維持管理が義務付けられている。
  2. 特定建築物の所有者等は、建築物環境衛生管理技術者を選任しなければならない。
  3. 建築物環境衛生管理基準は、空気環境の調整、給水及び排水の管理、清掃、ねずみ・昆虫等の防除に関し、環境衛生上良好な状態を維持するのに必要な措置について定めている。
  4. 建築物環境衛生管理基準を定め、建築物環境衛生管理技術者にその遵守を義務付けている。
  5. 建築物環境衛生上の維持管理を行う事業者の資質の向上を図ることが重要であることから、これらの事業者について登録制度が設けられている。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

(4)に関して、建築物環境衛生管理基準を定め、その遵守を義務付けられているのは「建築物環境衛生管理技術者」ではなく、「特定建築物所有者等」です。

建築物環境衛生管理技術者は、あくまで環境衛生上の維持管理における監督者という立ち位置です。最終決定権や結果に対する責任は、特定建築物所有者等にあります。

コメント