ビル管理士試験 H30年 問13解説

 問 題     

建築物衛生法に基づく立入検査及び改善命令に関する次の文章の( )内に入る語句の組合せとして、正しいものはどれか。

都道府県知事(保健所を設置する市又は特別区にあっては市長又は区長)が必要と認めるときは、( ア )に、立入検査を行わせることができる。

この立入検査によって、特定建築物の維持管理が建築物環境衛生管理基準に従って行われておらず、かつ、当該特定建築物内における( イ )をそこない、又はそこなうおそれのあるときは、その特定建築物の( ウ )に対して維持管理の方法の改善、その他必要な措置をとることを命ずることができる。

     ア       イ        ウ

  1. 環境衛生監視員  人の健康   維持管理権原者
  2. 環境衛生指導員  人の健康   環境衛生管理技術者
  3. 環境衛生指導員  公衆の利益  維持管理権原者
  4. 環境衛生監視員  公衆の利益  環境衛生管理技術者
  5. 環境衛生監視員  人の健康   環境衛生管理技術者

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

( ア )に関して、環境衛生監視員とは、特定建築物の立入検査の職権を行う職員のことです。一方、環境衛生指導員は、廃棄物処理の指導や立入検査をする職員のことです。よって、( ア )には「環境衛生監視員」が入ります。

( イ )で、これは問題文の冒頭にもあるように、建築物衛生法に基づいた話です。そのため、利益よりも環境や衛生、ひいては人の健康に重点を置いているはずです。よって、ここには「人の健康」を入れるのが適切だと考えることができます。

( ウ )について、特定建築物の環境衛生を維持管理する責任を持つのは、維持管理権原者(建築物の所有者など)です。一方、当該特定建築物の維持管理が環境衛生上適正に行なわれるように監督するのが建築物環境衛生管理技術者の役割です。

つまり、責任者は維持管理権原者なので、都道府県知事が改善命令などを出す相手は「維持管理権原者」となります。

コメント