ビル管理士試験 H29年 問61解説

 問 題     

湿り空気線図(h-x線図)を用いて相対湿度を求めるために必要な二つの項目の組合せとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

  1. 乾球温度と湿球温度
  2. 湿球温度と絶対湿度
  3. 比エンタルピーと乾球温度
  4. 露点温度と比エンタルピー
  5. 絶対湿度と露点温度

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

湿り空気線図(h-x線図)とは、以下のような図です。

上図を見るとわかるように、4つの軸が次のパラメータに対応しています。

  • 横軸    :乾球温度[℃]
  • 縦軸    :絶対湿度[kg/kg(DA)]
  • 右上がりの軸:湿球温度[℃]
  • 左上がりの軸:相対湿度[%]

よって、相対湿度を知りたいときには、残る3つのパラメータのうち2つがわかれば、それらの交点の位置で相対湿度を読み取ることができます。つまり、選択肢(1)と(2)は相対湿度を求めるのに適当だといえます。

また、(3)と(4)に出てくる比エンタルピーは、乾き空気の質量あたりの熱量を指すパラメータです。図中に直接は書かれていませんが、これも乾球温度や湿球温度、絶対湿度などから求めることができます。

よって、比エンタルピーともうひとつのパラメータから相対湿度を求めることもできるので、(3)と(4)も適当な選択肢です。ちなみに、(4)の露点温度は、上図において相対湿度が100%となるときの温度のことです。

すると、残る(5)が相対湿度を求めるには不適切で、正解の選択肢ということになります。(5)は絶対湿度と露点温度ですが、絶対湿度と露点温度の関係は、片方が決まると他方が決まるというものです。

たとえば、以下の図に記入したように、絶対湿度が0.010[kg/kg(DA)]なら、露点温度は14[℃]になります。

ただし、これだけでは赤線上のどの点を指しているのかわかりませんし、どの点かによって相対湿度が変わってくるため、相対湿度の値をひとつに決めることができません。よって、絶対湿度と露点温度との組み合わせでは、相対湿度を求めることができません。

コメント