ビル管理士試験 H29年 問37解説

 問 題     

VDT作業と健康に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. VDT作業では、普段使用している遠近両用メガネを使用することで眼の疲労を防ぐことができる。
  2. VDT作業では、表示画面を注視することにより、瞬目回数が減少する。
  3. 視野内に高輝度のものがあると網膜の感度が下がり、疲労につながる。
  4. 厚生労働省ガイドラインでは、ディスプレイ画面上の照度は、500lx以下とすることとなっている。
  5. VDT作業者の健康に関する調査で最も多い自覚症状は、眼に関するものである。

 

 

 

 

 

正解 (1) +今は(4)も該当

 解 説     

(1)に関して、普段の生活における目から対象物までの距離と、VDT作業をしているときの目からディスプレイまでの距離とは全然違います(おそらくディスプレイまでのほうが近いはずです)。

よって、普段使いのメガネをそのままVDT作業でも使用すると、焦点が合いづらく、疲労が溜まりやすくなってしまいます。

以上から、正解は(1)です。

また、かつては(4)のような規定がありましたが、現在では削除され、照度の具体的な数値は定められていません。

よって、現在は(4)も誤りの選択肢で、正解といえます。

コメント