ビル管理士試験 H29年 問21解説

 問 題     

空気調和設備を設けている事務所について、労働安全衛生法に基づく事務所衛生基準規則で定められる基準の項目とその基準値との組合せとして、最も不適当なものは次のうちどれか。

  1. 二酸化炭素の含有率  1000ppm以下
  2. 気流         0.5m/s以下
  3. 気温         23~28℃
  4. 相対湿度       40~70%
  5. 照度(普通作業)    150lx以上

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

事務所衛生基準規則で定められる基準の項目と基準値は頻出なので、ぜひ正確に覚えておいてください。

まず、空気調和設備に関連するのは、以下の7項目となります。

  1. 浮遊粉じんの量   :0.15mg/m3以下
  2. 一酸化炭素の含有率 :10ppm以下
  3. 二酸化炭素の含有率 :1000ppm以下
  4. 温度        :17~28℃
  5. 相対湿度      :40~70%
  6. 気流        :0.5m/s以下
  7. ホルムアルデヒドの量:0.1mg/m3以下

続いて、照度に関しては作業の内容によって3つの基準に分けられます。

  1. 精密な作業:300lx以上
  2. 普通の作業:150lx以上
  3. 粗な作業 :70lx以上

よって、(3)の「23~28℃」が誤りで、ここは「17~28℃」となります。

コメント