ビル管理士試験 H28年 問11解説

 問 題     

建築物衛生法に基づく建築物環境衛生管理技術者に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

  1. 選任された特定建築物に常駐しなければならない。
  2. 特定建築物の環境衛生上の維持管理に関する帳簿書類を備える義務が課せられている。
  3. 特定建築物維持管理権原者に対して設備改善等の命令をすることができる。
  4. 建築物環境衛生管理基準に関する測定又は検査結果の評価を行う。
  5. 環境衛生上の維持管理に従事する職員の雇用を行う。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

(1)について、職務の遂行に問題がなければ、常駐しなくても構いません。

(2)の内容は、「建築物環境衛生管理技術者」ではなく「特定建築物所有者等」に課せられた義務です。

(3)で、建築物環境衛生管理技術者が権原者に対して「命令」できるわけではありません。権限者に対して「意見を述べる」ことができます。

(5)について、建築物環境衛生管理技術者自身が特定建築物所有者等に雇われている身なので、誰かを雇う立場にはありません。当該特定建築物の維持管理が環境衛生上適正に行なわれるように監督するのが建築物環境衛生管理技術者の役割なので、「雇用」の部分を「監督」や「指導」などの言葉に置き換えれば正しい記述になります。

コメント