ビル管理士試験 H27年 問38解説

 問 題     

赤外線による生体影響として、最も不適当なものは次のうちどれか。

  1. 白内障
  2. 熱中症
  3. 皮膚血管拡張
  4. 代謝促進
  5. 電気性眼炎

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

赤外線は熱を帯びた光線であり、こたつや電気ストーブ、オーブンなどに使われています。ものを温める効果があるため、ヒトが赤外線を浴び続ければサウナに入っているのと似たような状態になり、(2)、(3)、(4)のような現象が起きるのは納得できると思います。

また、(1)について、赤外線は網膜や角膜で吸収され、白内障などの障害に繋がる恐れもあります。そのため、電気ストーブやオーブンの熱源を凝視することは望ましくありません。

(5)は、赤外線ではなく紫外線による生体影響として知られています。

コメント