ビル管理士試験 H27年 問25解説

 問 題     

熱中症に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 熱けいれんは、高ナトリウム血症による筋肉のけいれんである。
  2. 熱射病は、体温上昇による中枢神経系機能の異常である。
  3. 熱失神(熱虚脱)は、皮層血管の拡張に伴う血圧低下による一過性の意識喪失である。
  4. 日射病は、太陽光が原因で起きる熱射病である。
  5. 熱中症は、暑熱障害による症状の総称である。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

熱けいれんは、「高ナトリウム血症」ではなく、「低ナトリウム血症」によって生じます。

水分だけではなく、塩分を含んでいる水分(スポーツドリンクなど)を摂ることが、熱けいれんを回避することにつながります。

コメント