ビル管理士試験 H26年 問92解説

 問 題     

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 壁式鉄筋コンクリート構造は、集合住宅によく用いられる。
  2. 免震構造は、積層ゴムなどを用いて、地震力による揺れを建築物の上部構造に伝達させないようにした構造である。
  3. トラス構造は、柱と梁が剛で接合された骨組である。
  4. ラーメン構造の部材に生じる応力には、曲げモーメント、せん断力、軸方向力がある。
  5. 空気膜構造の膜面には、構造物の内部と外部の空気圧の差により張力を与えている。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

トラス構造は部材の節点をピンとして、三角形を基本単位として構成します。

よって、「柱と梁が剛で接合された骨組」ではなく、「柱と梁がピンで接合された骨組」になります。

また、「柱と梁が剛で接合された骨組」というのはラーメン構造のことです。

コメント