ビル管理士試験 H26年 問43解説

 問 題     

レジオネラ症に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 病原体は、一般に20~50℃で繁殖する。
  2. 病原体は、自然界の土壌や淡水中などに生息している。
  3. 病原体によって汚染された水のエアロゾル吸入は、感染経路の一つである。
  4. 感染の起こりやすさには、人の個体差や体調差が影響すると考えられる。
  5. レジオネラ症は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律において、二類感染症に分類されている。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

感染症の法的な分類は一類~五類まであり、感染力や重篤度などを加味して、より危険度が高そうな感染症を一類としています。以下、二類、三類…となるにつれ、やや危険度が下がります。それらの代表例を以下に記載します。

  • 一類:エボラ出血熱、ペスト
  • 二類:結核、ジフテリア
  • 三類:コレラ、赤痢
  • 四類:つつが虫病、デング熱、日本脳炎、レジオネラ症
  • 五類:B型肝炎、C型肝炎、風しん、麻しん、百日咳

コメント