ビル管理士試験 H25年 問165解説

 問 題     

建築物内廃棄物の貯留・搬出方式に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 容器方式は、コンパクタ・コンテナ方式よりも貯留・搬出の作業性に優れている。
  2. 貯留・搬出機方式は、容器方式よりも防災性に優れている。
  3. 貯留・搬出機方式は、真空収集方式より初期コストがかからない。
  4. コンパクタ・コンテナ方式は、大規模建築物に適している。
  5. 真空収集方式は、輸送管によって空気搬送する方式である。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

容器方式というのは、ごみ箱やポリバケツに溜まっているごみを、作業員がごみ収集車へ投入する方式です。

一方でコンパクタ・コンテナ方式はコンパクタ(圧縮機)でごみをコンテナに押し込み、そのコンテナごと搬出する方式です。

よって、コンパクタ・コンテナ方式のほうが作業性に優れています。

コメント