ビル管理士試験 H25年 問38解説

 問 題     

赤外線の生体影響に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

  1. 慢性曝露で白内障を生ずる。
  2. 皮膚血管を収縮する。
  3. マイクロ波と比較して、生体組織の深部に達する。
  4. ビタミンD形成作用により、クル病を予防する。
  5. 電気性眼炎を生ずる。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

(2)について、赤外線は身体を温めますので、皮膚血管は拡張します。

(3)で、赤外線はマイクロ波よりも波長が短いので、深部には届きません。

(4)と(5)はいずれも、赤外線ではなく紫外線の説明になっています。

コメント