ビル管理士試験 H24年 問156解説

 問 題     

近年の一般廃棄物の排出及び処理状況等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 年間のごみ処理事業経費は、し尿処理事業経費より多い。
  2. 水洗化の普及は、公共下水道と浄化槽によって担われている。
  3. 浄化槽汚泥は、し尿処理施設又は下水道投入によって処理されている。
  4. ごみのリサイクルは、市町村による資源化及び住民団体による集団回収によって進められている。
  5. 一般廃棄物の最終処分場の総数は増加傾向にある。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

一般廃棄物の最終処分場の数は、徐々にですが減少している傾向にあります。

コメント