ビル管理士試験 H23年 問151解説

 問 題     

清掃用洗剤に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

  1. 洗剤に使用する界面活性剤は、陰イオン系と陽イオン系の2種類に大別される。
  2. 洗剤は、使用する濃度に比例して洗浄効果が高まる。
  3. 一般用洗剤(万能洗剤)は、弱アルカリ性のものが多い。
  4. 合成洗剤は、天然油脂を主剤としている。
  5. 業務用洗剤では、助剤としてリン酸塩が一般的に使用されている。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

選択肢(1)について、陰イオン系と陽イオン系のほか、非イオン系や両性系もあります。

選択肢(2)は、これは体感的にもわかると思いますが、比例関係にはなりません。極端に濃度が薄いよりはある程度濃いほうが効き目が出ますが、だからといって、思いっきり濃いものを使ったところで、それに比例した効果が得られることはありません。

選択肢(4)は、「合成」と名付けられている通り、天然物ではなく人工的に合成されたものが主です。主剤の原料としては石油が用いられることが多いです。

選択肢(5)について、「リン酸塩」を使うこともありますが、より一般的なのは「ケイ酸塩」です。

コメント