ビル管理士試験 H23年 問148解説

 問 題     

床磨き機に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 1ブラシ式の高速床磨き機用のブラシの直径は、20~50cmのものが多く使われている。
  2. カーペット洗浄に使用するタンク式スクラバーマシンは、低速回転の機械である。
  3. 高速床磨き機用のブラシには、一般にシダの茎又はナイロンが植え付けられたものが用いられている。
  4. 凹凸のある床面で、高速床磨き機を使用する場合には、研磨粒子を付着させたパッドを使用する。
  5. 1ブラシ式の高速床磨き機用のブラシの回転数は、一般に毎分150~300回転である。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

凹凸のある床面で研磨粒子を付着させたパッドを使用すると、床面を傷つけたり、凹凸が削られたりしてしまいます。

凹凸のある床面ではパッドではなく、ブラシを用いるべきです。

コメント

  1. 匿名希望 より:

    5の選択肢は不適当に該当しないのですか?