ビル管理士試験 H22年 問95解説

 問 題     

鉄筋とコンクリートに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート構造の梁に設備配管のために設けられた開孔部の径は、一般に、梁せいの1/3以下とする。
  2. 鉄筋コンクリート構造の柱の帯筋の間隔は、10cm以下とする。
  3. 捨てコンクリートは、地盤の上に底面を平らにする目的で敷きならしたコンクリートである。
  4. 鉄筋とコンクリート表面との距離を鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さという。
  5. 鉄筋コンクリート構造の耐震壁の厚さは、10cm程度である。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

鉄筋コンクリート構造の耐震壁の厚さに関する規定は特にありません(この選択肢で10cm“程度”というぼんやりした言い回しなのもそのためだと思われます)。

ですが、一般的には18cm以上、あるいは20cm以上を耐震壁と見なす場合が多いようです。

コメント